スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ②

2006/11/13  CATEGORY/RADIO
R-One KAT-TUN(11/8)

ゆっちは寒いけど冬が好き
食は鍋
そして厚着が好き(なんか可愛くない?)

竜チャンはスキーが得意だけど
カーブが曲がれない(これまた可愛いー)
でもリフトが怖いんだって
理由はシートベルトないから
だって(笑)

っーか、ベルトあったら降りるとき厄介だよ


私、この電話のコーナー苦手だー

相談してきた女の子の彼氏が
野球やってるって話したところから
ハンカチ使ってるかをしつこく聞き
使ってないって答えたら
『じゃあ田中クンだ(駒苫)』で2人だけ盛り上がる

ちょっとココ面白かったわ~


ゆっちの口癖
1日に『なるほど』と『とりあえず』
30~40回は言うらしいよ

『なるほど』は確かによく聞くなー

こんな抽象的な言葉なくて
使い勝手がいいんだって。


それにしてもなんなんだろー
眠くなるわ

でも癒されるわー
スポンサーサイト

ラジオ①

2006/11/12  CATEGORY/RADIO
土曜日は会社から総勢14名参加の
バーべQでした。

疲れた…
しかもワタシ体調がすぐれなくってね
いまいち盛り上がれず
非常に残念でした

天気も最悪だったしね(笑)

できれば晴天の日に
もう1回行きたい感じだよ


さてラジオです!!


6日(月)は録音できなかったので
聴いてないの~


**********************************

☆11/7(火)

オープニングの質問
何を初めて見ましたか?

ボク田口はアソコです
ボク聖はここのここです


じゅんのはロケ先で
馬がウ○コしてるのを初めて見たらしい
どうでもいい情報だわね(笑)


最近のオープニングを反省してまして
だってもう適当なんだもん!!



☆11/8(水)

オープニングの質問
2人は何痛ですか?

ボク聖はターミネーター2です
ボク田口はパンツーです


聖は以前から腰痛持ちで
このラジオの収録がいつか知らんけど
前日に10分だけ整体うけれたってさ
聖もお仕事いっぱいだからねー
ちゃんと休める時間つくってほしいわ


★水曜コーナーのダジャリング

今回はちょっと質素にいくってさ
そうでもなかったけど(毒)


じゅんの 『「首都ってどんな形してるの?シュッとしてるんだよ」』

聖 『ププッ、あーそれちょっと面白いね』

じゅんの 『これはまぁちょっとオーソドックスな感じで始まりまして』

聖 『はい』

じゅんの 『じゃあ続いていきます。「ハチミツついてるよーどこに?歯にー」』

聖 『あースゴいスゴい』

じゅんの 『結構まぁわかりやすい』

聖 『分かりやすい、スゴいスゴい』

じゅんの 『ま、次で勝負みたいな感じで。いきます。
「黒酢をクローズアップ!!」』

聖 『(笑)それスゴいそれスゴい。
そんなにクローズアップするところでもなかったもんなぁ』

じゅんの 『(笑)どこクローズアップしたって真っ黒ですからね?
黒酢ですから』

じゅんの 『「ねぇ仮面ライダーさん何やってるの?メールの返信!!」』

聖 『(爆)』

じゅんの 『(爆)』

聖 『スゴ~い。それスゴい』

じゅんの 『(笑)』

聖 『そうだよなーそうだよなー』

じゅんの 『フッフッ。何やってんのかなーって思ったら返信してたわけですよ』

聖 『でも…仮面ライダーの段階になってたら変身しないよ絶対に』

じゅんの 『あ、そうだよねー(笑)』

聖 『仮面ライダーさんから更に変身してますからね』

じゅんの 『何になっちゃうんだろう』

『RXからロボライダーみたいなね』

じゅんの 『何それ』

聖 『あんまり分かんないでしょ』

じゅんの 『コワすぎて分からない』

聖 『ディープです、俺がディープですから』

じゅんの 『ある意味深かったですね』

聖 『今日は全体的にスゴかった』

じゅんの 『すごいよね』

聖 『言っちゃう?』

じゅんの 『今日は僕も深い感じで。ディープな感じで。』

聖 『はい、じゃあ田口淳之介師範のダジャレです。どうぞ』

じゅんの 『フレンチトーストが爆発した、パーン』

2人  『(爆)』




あきらかに先週からひっぱってるやんねー

RADIOの時間

2006/11/04  CATEGORY/RADIO
ラジオ(笑)
さぼりすぎ
ほんっといいかげんでゴメンねー
先々週の対決のち罰ゲームは
間違って消しちゃって…

しかしこの1週間は聴いた!!
やればできるらしいよ私ヾ(@^▽^@)ノわはは
なんだか聴きだすとまたハマるんだよねー
R-One KAT-TUNも聴いたし。

ってことで
前みたいに詳細じゃないけど
こんなん話してましたよーって感じで
やってみます
またどうなるか分からんけどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

そう!
金曜日のKAT-TUNスタイルでは
聖があれをネタにしたんだよ!
昨日聴いてて笑ったわー

詳しくは金曜日のレポで

***********************************

KAT-TUNスタイル

☆10/30(月)
オープニングトークがネタ切れ
できないとか言い出したから

KAT-TUNスタイル告白のしかた編っていう
このお題は来週で終わり
内容はどうってことなかったんだけど
このオープニングの小芝居
じゅんのが女の子役なんだけど
妙に萌え声で(笑)


じゅんの 『今週の日曜日ってー聖先輩の誕生日でしたよね
おめでとうございます』

聖 『フッ、ありがとう。じゅんの子ちゃん

じゅんの 『あっ、これプレゼントです』

聖 『うわー嬉しいなぁ。なんだろ開けていい?』

じゅんの 『はい、趣味に合うかどうか分からないけど
エロVHSですっ!!しかも熟女モノ』

聖 『じゅんの子ちゃんさー最高!!』


ってなコントだったよ
じゅんの子って変だし


エンディングの言葉はタイ語で
『バナナボートに乗ってみたいです』

じゅんの 『バナナボート、乗ったよねー前に』

聖 『俺のバナナボートに乗ってみたい?ってのも聞いてみたい』


広い意味で、だそうです(爆)


ラストの聖のモノマネは
ヒルマン監督『シンジラレナーイ』だった
誰でもできるから、たぶん(笑)


☆10/31(火)
オープニングの質問は《何の減りが早い?》
じゅんのは『基本的にお腹』
聖は『ティッシュ』

はいはい。


ラストの聖のモノマネは
哀川翔さん風の古畑任三郎
結局できなかったけど
難しいお題を出すねーじゅんの。

『んーどうでしょう』
って言いそうになったらしいヾ(ーー )ォィ 
それは長嶋茂雄氏(笑)


☆11/1(水)
オープニングの質問の答えを
聖が『アソコ』って言うの3日目デス

世間ではたっ恋、ひと恋と言われてますが
KAT-TUNスタイルでは
つの恋って言うらしい(じゅんのだけ)

ダジャリングのコーナー
1つめの投稿
『あーぁ、ギター弾きすギター』を相当気に入る聖


☆11/2(木)オープニングの質問で
先に『アソコです』ってじゅんのに言われた聖
もうネタないのねー


優しさ選手権

《弟分のような中学生が相談をしてきました
「あのー僕ーアソコが、アソコが…」
しかし恥ずかしがってそれ以上言えない様子。
さぁ、こんなとき気を回してあげられる男なら
なんて言ってあげる?
今週は田口クンから。3、2、1、キュー》

じゅんの 『てめぇ、ぶっ殺す』

聖 『(笑)いや、分かんない。ぜっんぜん意味分かんない。
なんで?え、なんで?(笑)なんで?』


《「あのー僕ーアソコが、アソコが…」
さぁ、聖クンだったらなんて言ってあげる?3、2、1、キュー》


聖 『あのなーお前なにが言いたいのか分かんないけど
男はアソコの大きさじゃなくて心の大きさだから』


判定→淳之介


聖 『なんでだよ』

じゅんの 『(爆)』

聖 『なんでだよ、そこなんでだよ』

じゅんの 『(爆)』

聖 『なんで淳之介いくんだよそこ』

じゅんの 『これさー質問がさーその時点でさー』


じゅんの支離滅裂(笑)


《彼女が「あなたの眉毛が嫌いなんだけど剃ってくれない?」と言ってきました。
さぁ、優しい男ならどうやって切り抜ける?
今度は聖クンから。3、2、1、キュー》


聖 『てめぇの毛という毛を全部剃るぞー!!!!!』

じゅんの 『(笑)』


《「あなたの眉毛が嫌いなんだけど剃ってくれない?」
さぁ、田口クンならどうやって切り抜ける?3、2、1、キュー》


じゅんの 『けっ、けっ、けーイヤだよー』


判定→聖


じゅんの 『(笑)なめすぎ?これ』

聖 『(笑)』


☆11/3(金)
いつもの自己紹介

『KAT-TUNのスーパースター田中聖デス』

『田口じゅんのスケベです』

っていうのに若干ムカついた(思わずウケたからデス)


そうそう聖!!
それはネタにしても平気な部類なのか?
今でも女子高生の体育で
ブルマにハチマキの学校があるという
リスナーからのメールで

聖が今からでも教員免許取って女子高生行きたい
って言い出したのよ
じゅんのが『取れるんじゃない?』って言ったらさー
聖がね


『大学で教員免許取ろうかなー
3ヵ月から半年、もしくは状況により無期限で行ってくるわ』


って言ったのよ
じゅんのも、言ってた聖も笑ってたけどね

エンディング
聖ハッピーバースデーってじゅんのが言い出して
抱負を聞かれ
『仕事もプライベートも充実してたらいいな』
ってさ。

さらにプレゼントは?って聞かれて
聖が『マッサージチェアが欲しい』

じゅんのが『規模がデカい』って( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ



R-One KAT-TUN

もうすぐ聖の誕生日ってことで
誕生日の話に

ゆっちは今年聖から
中古のゲーム機をもらったんだってね

ナゼに中古??

そしたら今度は
聖は人に変わったプレゼントをあげるって話になって
『誰かに自転車のサドルをあげてたよねー
来年はペダルをあげて
数年たったら自転車が完全するらしいけど
いい迷惑だね』
って言ってたよ

それって確かじんじんだったっけ?
来年はペダルだから
それまでには帰って来い…とか
夜中に聴きながら思ったり。

あと竜チャンの誕生会をしたってさ
KAT-TUNの何人か、かな?
足の指が開くスリッパをゆっちはあげたらしく
スリッパはおそろい(笑)


しかしR-One KAT-TUNのトーンって
眠くなるよね…

******************************************

あぁ、やっぱり私
レポが下手だわー

@仕事の合間

10/16 KAT-TUNスタイル

2006/10/19  CATEGORY/RADIO
すっかりさぼったね(笑)
しかも間がいっぱい抜けてるしー

一応録音残してあるんやけど
聴けてにゃい

**************************************

KAT-TUNスタイル
クイズ文化祭1985
もちろん罰ゲームかかってますスペシャル


聖 『KAT-TUN田中聖です』

じゅんの 『田口淳之介です』

聖 『文化祭シーズンですか』

じゅんの 『来ましたねー秋と言えば文化祭です』

聖 『そうそうこの1週間は文化チックに学んでいこうかと』

じゅんの 『全然KAT-TUNスタイルっぽくないテーマですよね』

聖 『いやいやここはKAT-TUNスタイルなんで
普通には学びませんよ』

じゅんの 『普通ではないんだ』

聖 『罰ゲームかけちゃいますから』

じゅんの 『あーはいはい』

聖 『今回のバトルはクイズ1985と言うことで
俺たちの生まれた年に関しての
問題で戦おうと』



月曜~木曜の累計で決めるんだって


↓ へどうぞ

続きを読む

9/8 KAT-TUNスタイル

2006/09/10  CATEGORY/RADIO
聖 『はい、今夜もお時間いただきます
   ということでこのメールから。
   《私はよく鈍くさいって言われます。
   お2人は何くさいですか》』

じゅんの 『(笑)』

聖 『ボク聖は白菜です』

じゅんの 『僕アズマックスも白菜です』

聖 『ぅあー(笑)ではいきましょー』

2人 『KAT-TUNスタイル~』


聖 『KAT-TUNの白菜です』

じゅんの 『アズマックスでーす』

聖 『かぶった?』

じゅんの 『まるっきりかぶったねーなんでー』

聖 『(笑)いや、それくらいしか思いつかないもん』

じゅんの 『俺もー』

聖 『俺臭くないもんだって』

じゅんの 『俺もだよ』

聖 『ものっすごいいい匂いがするよ』

じゅんの 『ホント?』

聖 『え?』

じゅんの 『どんな匂い?』

『カレー』

じゅんの 『カレー(笑)』

聖 『(笑)』

じゅんの 『エスニック(爆)』

聖 『ウザい、そのツッコみ(笑)』

じゅんの 『(笑)はい、今日は罰ゲームですよ』

聖 『そうだね』

じゅんの 『まーヤバいの用意してます』

聖 『マジで?』

2人 『(笑)』

じゅんの 『まぁね、その前に1曲いきましょう』

聖 『はい1曲いきましょう。
   KAT-TUNセカンドシングルSIGNALです、どうぞ』


じゅんの 『さぁ、お待たせしました
      今夜のKAT-TUNスタイルはこれ!
      優しさ選手権第3ラウンド敗者
      聖の罰ゲ~~ム!
      
      やんややんや
      えー優しさ選手権に敗れた優しくない男
      田中聖を優しくするための罰ゲームです
      今回の罰ゲームはこちらっ!
      1番臭いスタッフの靴下の匂いを嗅ぎながら      
      フツオタ(普通のお便り)を読む!!』

豪華な音が鳴り響く~

聖 『この音ウザいね』

じゅんの 『(笑)』

聖 『そんな華やかじゃねぇよ(笑)』

じゅんの 『これはリスナーの方からの要望です』

『てめぇ、表出ろ(笑)』

じゅんの 『(笑)ということでここに』


ガサガサ


じゅんの 『ADのH君の靴下がビニール袋に入っております。
      3日間履きっぱなし』

聖 『モテないよー』

じゅんの 『(笑)うわぁ、ちょっと触るのもなんかね
      怖いですけれどもこの』

聖 『おえー(笑)見た目がもう臭い』

じゅんの 『嗅ぎながらですよ。
      嗅ぎながらフツオタ読んでいただきますよ』

聖 『そうですか』

じゅんの 『じゃあ…』

『ものっすごい早く読むけどいい?(笑)』

じゅんの 『はい開けて…』


ガサガサ


じゅんの 『はい、準備OK?』

聖 『いいよ長い方を先に読もう』

じゅんの 『はい』

聖 『行けるうちに』

じゅんの 『それでは田中聖クンの罰ゲームスタート!』

聖 『う゛ぇ~』

じゅんの 『(笑)』

聖 『ちょっと待って…う゛ぇ、キッつぅー』

じゅんの 『嗅ぎながらだからね』

聖 『ちょっと待ってこれヤバいぞ』

じゅんの 『(笑)』

聖 『(笑)う゛ぇ、ちょっと待ってこれヤバいぞ』

じゅんの 『(笑)』

『殺人だぞ、これ』

じゅんの 『ヤバいねー』


ガサガサ


聖 『東京都板橋区に住むラジオネームもえさんからです。
   えー水泳のじゅ…う゛…たまたま…
   う゛ぇ、たまたま隣になった子の水着から
   片方胸が出てたんですが
   本人は気づかず微笑んでるんです』

じゅんの 『これエロい』

聖 『う゛…う゛ぇ、あんまりしゃべったことないから
   どうしようかと悩んだのですが
   私の逆隣りが男子だったので教えてあげました。
   でも泳いでくるとまた出てるんです。
   もう呆れて言うのもやめました』

じゅんの 『……あれ?もう1枚あるね(笑)
      勢いでいっちゃえ、次は短いから』


じゅんのはずっと冷静で怖かったんだけど(笑)


聖 『う゛ぇ。えー港区にお住まいのペンネームひかるさんから。
   えートンカチだから早く帰れ気をつけて
   お母さんからのメールです。
   ちなみに夕飯はトンカツでした。』

じゅんの 『(笑)』

聖 『そんなメールを打ったお母さんにひとことお願いします
   ……ハァ、3日くらいトンカチ食えないかも』

じゅんの 『トンカチは食うもんじゃないから(笑)
      …ヤバい?』

『I'm OK』

2人  『(爆)』

じゅんの 『大丈夫ですか?今後は優しくなると誓いますか?』

聖 『いや、もうどうでもいい誓います』

2人 『(爆)』

じゅんの 『はい、I'm OK?』

聖 『I'm OK(笑)』

じゅんの 『(爆)』

聖 『以上優しさ選手権の罰ゲームでした』



聖 『さぁ今週もやんややんやが終わりの時間です、
   グッダイベイベー(鼻の具合がおかしい?)』

じゅんの 『アズマックスべいべー』

聖 『このあとも引き続きラジベカスでお楽しみくださーい』

じゅんの 『いやいやいやいや早い早い早い早い。』


このあと前回のプレゼント当選者発表と
聖がお父さんのモノマネ披露してました

分かるわけないやんねー

9/6 R-One KAT-TUN

2006/09/08  CATEGORY/RADIO
中丸さん誕生日ってことで
ゆっちは30才になる頃には
ヒゲとスーツが似合う男になりたいんだってよ

ヒゲですって?!∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!
ゆっちの顔にヒゲは似合わんで~
スーツは結構今でも似合うけどさー


そして番組からプレゼントもらってたよ
いつもオープニングで
『○○大好き中丸雄一』
って言ってるその○○一式(ナマモノ以外)

本気で嬉しいゆっち ←可愛かった
そして羨む竜チャン


ガサガサと自分が過去に大好きだといった品々を
見まくるゆっちがひとこと


『俺、なんでこんなくだらないことしか
言ってないんだろう…』



ってよっぽど
しょうもない物が入ってたんやねーヾ(@^▽^@)ノワハハ


入ってるオクラはサラダにして
同じく入ってた胡麻ドレッシングで食べるってさ
なんかサラダとか詳しそう(ってどんなイメージやねん)

来月の竜兄も楽しみやね~
なかったらスネるから
スタッフさんちゃんと用意しないと(笑)

そうそう、あと中丸さんって
よく鼻血を出す子だから
ハンカチとかティッシュとか常備してるんだって

中丸さんハンカチ王子だねヾ(;´▽`A``アセアセ

KAT-TUNスタイル(水・木)

2006/09/08  CATEGORY/RADIO
9/6 OA
聖 『今夜はこちらのメールから。
   私は暇さえあればずっとテレビを見ているほどの
   テレビっ子です。2人は何っ子ですか
   ボク聖は泉ピン子です』

じゅんの 『えーボクアズマックスは、ししゃもっ子です』

聖 『ではいきましょー』

2人 『KAT-TUNスタイル~』


聖 『KAT-TUNの泉ピン子です』

じゅんの 『アズマ~ックスです(笑)』

聖 『なるほどね』

じゅんの 『泉ピン子?!』

聖 『はい』

じゅんの 『スゴいですね、まさかそこにくるとは』

『世間渡っちゃいますよ』

じゅんの 『(笑)』

聖 『何っ子?』

じゅんの 『何っ子って言われるとやっぱゲームっ子?』

聖 『あーそうだね』

じゅんの 『でもね言うほど最近やってないんだ』

聖 『たぶん俺の方がやってる』

じゅんの 『ウソ、お前なにやってんの』

聖 『俺、ネオファミコン買って…』

じゅんの 『何?!それ』

聖 『ファミコンやってるもん俺』

じゅんの 『何ネオファミコンって』

聖 『知らない?ファミリーコンピュータって初期のやつあんじゃん』

じゅんの 『はいはい』

聖 『あれが今できんの』

じゅんの 『知らねー』

聖 『新しく。ファミコンのカセット買ってきてー
   今は俺あれだねファミスタだね』

じゅんの 『ファミスタか』

聖 『タンタータタッター♪』

じゅんの 『(笑)』

聖 『というわけで早速1曲いってみましょう
   KAT-TUNでセカンドシングルSIGNALですどうぞ』



じゅんの 『筆箱踏んでばっこーん!』

聖 『(笑)』

じゅんの 『毎週水曜日のぉっ、KAT-TUNスタイルは
      東さんもお気に入りのぉ、このコーナァー!
      淳之介のぉっダジャリングゥ~』

聖 『(笑)超ウザい…超ウザいコイツ…』

じゅんの 『バリバリッバンブー!アズマックスでーす!
      このコーナーはダジャレをこよなく愛する
      わたくしアズマックスがリスナーのみんなと一緒に』

聖 『(笑)』

じゅんの 『ダジャレの素晴らしさを
      バリバリ坊主の聖クンに教えていきまぁす!』

聖 『なんなのそのテンションは(笑)超ウザい』

じゅんの 『とりあえず上げてみた』

聖 『超ウザい』


ホントにウザいよ(笑)
面白かったけど



じゅんの 『まぁこのノリで』


えー続くの?!


聖 『はい』

じゅんの 『行きたいと思います。えーそれでは…
      《イクラちゃんは何が食べたい?シシカバブー》』

聖 『(笑)スゴい、それスゴい』

じゅんの 『スゴいですよね』

聖 『イクラってくると思ったもん』

じゅんの 『はい』

聖 『ちょっとね、それスゴいわ、新しいね』

じゅんの 『新しいですか良かった良かった』

聖 『試みがいい』


じゅんの 『(笑)それでは次《ビリヤード大会でビリやどー》』

聖 『ちょっと面白いね、それ』

じゅんの 『まぁ僕がビリヤードが好きって…』

聖 『分かった上で言ってるもんね』

じゅんの 『そうそうそう』

聖 『それはスゴい』

じゅんの 『まぁ、さほどビリヤードでは盛り上がらない?みたいなね』

聖 『(笑)うるさいよお前』

じゅんの 『(笑)はい、じゃラストいきます
      《ブラックコーヒー飲めるんだ、かっこひ~》』

聖 『いや、それ面白いよそれけっこう』

じゅんの 『(笑)カッコいいと、かっこひーをかけてるわけです…』

聖 『そしたらさぁ缶コーヒー飲めるんだかんこひーも良くない?』

じゅんの 『それ面白いねぇ』

聖 『うん』

じゅんの 『まぁ分かる分かるでも缶コーヒー誰でも飲めんじゃん』

聖 『オレ飲めないもん』

じゅんの 『へ?』

『俺コーヒー飲めないもん』


どんだけ見た目と違うんだよ田中聖…


じゅんの 『こーひー(こうきぃ)』


じゅんの!それ意外に面白い(笑)


聖 『もういいよ早く次いこ』

2人 『(笑)』

じゅんの 『まぁねもっともっと面白いダジャレを考えて
      どんどん送ってください
      アズマックスも期待しているんでぜひぜひ…』

聖 『そうだよ俺もちょっと期待してっから』

じゅんの 『そうですね』

聖 『はい。最後はアズマックス師範のダジャレですどうぞ』

じゅんの 『ここはどこだぁ~』

聖 『何それ』

じゅんの 『いやココアが隣にあったから』

聖 『あぁ…(笑)その説明ねぇとわかんねぇじゃねーかよ!!(爆)』

じゅんの 『(爆)』

聖 『(ここは)有楽町だよ(笑)』



9/7 OA
じゅんの 『はい今夜も頑張りまーっくす!
      まずはこのメールから』

聖 『テンション高いなぁ(笑)』

じゅんの 『(笑)《私の友達は授業と授業の間に
      必ずトイレに行くくらいトイレが近いんです。
      2人は何が近いですか》
      僕アズマックスは♪すぐーそこーサン○○♪です』

聖 『(笑)えーボク聖はえーサイバイマンに近いです
   ではいきましょー』

2人 『KAT-TUNスタイル~』




続きを読む

KAT-TUNスタイル(オープニングのみ)

2006/09/08  CATEGORY/RADIO
9/4 OA
聖 『このメールから。「えー私の家は農家で、
   もうすぐ稲刈りが始まります。2人は何刈りですか」
   えーボク聖は五分刈りです

じゅんの 『えー僕アズマックスは出たがりです

聖 『はい、ではいきましょー』

2人 『KAT-TUNスタイル~』


聖 『KAT-TUNの田中聖です』

じゅんの 『アズマックスです』

聖 『フフ…負けたからね』


そういえばラジベガスにゲスト出演したじゅんの
アズマックスとの対決に負けたので今週ずっと
自己紹介はアズマックス名義だった(笑)



じゅんの 『はい、すいませんねホントにね』

聖 『勝手に負けてんじゃねぇよ』

じゅんの 『優しさ選手権はこっちのねぇ?』

聖 『お前の土俵だろ?』

じゅんの 『いやービックリしたよ。新しい答え方が見つかりましたよ』

聖 『何』

じゅんの 『まぁーそれはまぁ…木曜日にお楽しみにってことで』

聖 『分かりましたよ…何刈りって難しいんだけど。
   しゃべりようがなくね?』

じゅんの 『お前は丸刈りしかないよなー』

聖 『広げようねぇよな』

じゅんの 『うーん…刈り…ガリガリです、みたいな(笑)』

聖 『…はいそれでは1曲いきましょう。
   KAT-TUNセカンドシングルSIGNALです。どうぞ』



9/5 OA
じゅんの 『はい、まずはこのメールからっ。
      私はマヨネーズが好きなマヨラーです。
      聖クンと田口クンは何ラーですか?
      僕アズマックスはシノラーですっ

聖 『はい、ボク聖は2ちゃんねラーです。
   はい、いきましょー』

2人 『KAT-TUNスタイル~』


聖 『KAT-TUNの田中聖です』

じゅんの 『アズマックスです』

聖 『シノラー古いよお前』

じゅんの 『シノラーは古いよねー』

聖 『うん。シノラーですぅって言わないだろシノラーは(笑)』

じゅんの 『そうなのかー』

聖 『シノハラですぅだろー』

じゅんの 『シノハラですぅ~』

聖 『似てんのかどうかすらあんま覚えてねぇよ』

じゅんの 『俺もわかんねぇ』

聖 『(笑)そんな感じだったけど』

じゅんの 『はい。何ラー…何ラー?ぶっちゃけ』

聖 『だって何ラーって何?ラーって』

じゅんの 『いや、マヨネーズはマヨネーズが好きだから…マヨラー』

聖 『俺、マヨネーズ好きだよ』

じゅんの 『お前マヨラー?』

『マヨネーズ俺、直でいけるよ』

じゅんの 『え?』

聖 『いけるいける』

じゅんの 『ウソだぁ』

聖 『いけるいける』

じゅんの 『マヨネーズってけっこう油入ってて太んだぜ』

聖 『そうですか』

2人 『(笑)』

聖 『マヨネーズいけるいける直で』

じゅんの 『ホントに?』

聖 『好き、俺マヨネーズ』

じゅんの 『あー』

聖 『冷やし中華、絶対マヨネーズ入れるね。入れないの?』

じゅんの 『冷やし中華はカラシでしょ』


だよねー田口さん


聖 『いやマヨネーズ入れると旨いんだよ』

じゅんの 『ウソだぁ』

聖 『旨いんだって』

じゅんの 『たこ焼きにマヨネーズかけるのは分かるよ』

聖 『あ、それは分かる』


それわかんないよー
そして邪道だよ君たち



じゅんの 『昨日たこ焼き食ったの』

聖 『あ、そうなの』

2人 『(笑)』

じゅんの 『どーでもいい』

聖 『話がどんどんどーでもよくなってくる』

じゅんの 『そうなんですよ』

聖 『はい』

じゅんの 『そんなわけで1曲いきましょう
      KAT-TUNでI'll be with youです。どうぞ』

*****************************************

オープニングだけでも十分面白いね~
久々のアップなので
読むの大変だと思うけど頑張れ!!(他人事)
そしてあとで9/6・9/7に続く…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。